戻る

ユーザーの意向を把握してオンライン広告の表示を改善する

重要なポイント

オンライン広告を効果的にするには、見込み顧客の意向を把握し、それに合わせた種類の広告を表示することにあります。では、適切なユーザーをターゲットにするために考慮すべきこととは何でしょうか。

1. 適切なユーザーをターゲットにする

2. 購入意向のあるユーザーを見つける

3. オンラインにおけるビジネスの認知度を高める

Google 広告とは

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供するビジネス向け広告サービスです。Google 広告では、Google の検索結果や広告ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

オンライン広告を効果的にするには、見込み顧客の意向を把握し、それに合わせた広告を表示することにあります。

1. 適切なユーザーをターゲットにする

関心の薄いユーザー層に広告を繰り返し表示しても、ビジネスの成果向上にはつながりません。成果向上のためには、表示するメッセージをユーザーが求めるものに合わせてカスタマイズすることが必要です。オンライン広告プラットフォームでは、高精度のターゲティング ツールとユーザー インサイトを利用できることが多く、適切な種類の広告を選ぶうえで役立ちます。

見込み顧客の目線に立って考えましょう。たとえば、特定の製品を検索しているユーザーには、その製品を最安値で提供する広告が最も効果的であると考えられます。一方、商品の購入を検討するためにクチコミの閲覧や動画の視聴を始めたばかりのユーザーには、ディスプレイ広告や動画広告を使って自社の紹介をするのが最適なアプローチと考えられます。

2. 購入意向のあるユーザーを見つける

ユーザーが自社の製品やサービスをオンラインで検索しているときは、ユーザーが購入の準備ができている見込みが十分にあるということです。そこでチャンスになるのが、検索内容に合わせたビジネスの広告を表示することです。

検索広告を利用すれば、ユーザーが自社の製品やサービスを検索したときに、そのユーザーを捉えることができるので、大きな成果を得られます。Google 広告では、製品やサービスに関連する適切なキーワードを指定し、そのキーワードを使用した検索結果に広告を表示できます。

広告をクリックした見込み顧客が操作性の高いランディング ページに移動し、製品やサービスの詳しい情報を確認して購入ができるようにしましょう。

3. オンラインにおけるビジネスの認知度を高める

製品やサービスを検索していないオンライン ユーザーの注目を集めるには、別のアプローチが必要です。広告主様は、自社の製品やサービスに対する興味や好みに基づいて、自社の広告への抵抗感を持たないユーザーを見つける必要があります。

Google には、Google ディスプレイ ネットワークと呼ばれるパートナー サイトのネットワークがあります。テキスト広告や画像ベースの広告を表示し、地域、ユーザー属性、ウェブサイトのコンテンツ、過去の閲覧履歴や使用デバイスから判断したユーザーの興味に基づいて広告をターゲティングすることができます。また、過去にウェブサイトを訪問したユーザーをターゲットにすることも可能です。このような高度なターゲティング機能を使って、さまざまなユーザー層や広告の種類に対してテストを行い、最も効果的な組み合わせを見つけましょう。

ディスプレイ ネットワークとは

Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)は、広告の掲載が可能な 200 万以上のウェブサイト、動画、アプリで構成されるネットワークです。

まとめ

オンラインでの広告掲載は、反応の確率が高い見込み顧客に広告を表示して宣伝するための試行錯誤が必要になります。ユーザーに関連性の高い広告が表示されるように広告のターゲティングを行い、結果をよく観察して、最適化を適宜実施するようにしましょう。

Google 広告で適切なユーザー層に対するオンライン マーケティングを始めましょう。

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時