戻る

ランディング ページの最適化運用ガイド

重要なポイント

広告をクリックしたユーザーを誘導するページは、一般的にランディング ページと呼ばれており、広告の成果や予算に大きな影響を与える場合があります。ランディング ページに関する運用ガイドを実践すれば、オンラインでの品質スコアを改善でき、場合によっては顧客の増加へと繋がることが期待できます。Google 広告のシステムは、ランディング ページを定期的に評価し、その評価を適宜更新しています。この記事で紹介する運用ガイドを使ってランディング ページの最適化を始めましょう。

1. ランディング ページの最適化が重要な理由

2. ランディング ページの最適化に関する運用ガイド

3. ランディング ページの関連性を高める

4.ランディング ページの透明性を高める

5. ランディング ページの操作性を高める

6. ランディング ページの信頼性を高める

Google 広告とは

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供するビジネス向け広告サービスです。Google 広告では、Google の検索結果や広告ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

ユーザーをトップページではなく、ユーザーに合わせて最適化したランディング ページに誘導しましょう。そうすれば、ユーザーは必要なコンテンツを探し回らずに済むようになります。

1. ランディング ページの最適化が重要な理由

ユーザーが最初のページから他のページに移動していなければ、ランディング ページの見直しが必要なタイミングです。ランディング ページの利便性は、ユーザーがウェブサイトの閲覧中に目にする利便性の質を表しています。ユーザーが買い物かごへのリンクを見つけやすくなるほど、ユーザーが購入に到達する可能性も大きくなります。

さらに、ランディング ページの利便性は、広告のランク、品質スコア、合計費用にも影響を与えます。ランディング ページが原因でユーザーが商品やサービスを購入しないままウェブサイトを離れてしまったり、広告の表示回数が減少したり、まったく表示されなくなったりする可能性もあります。

ランディング ページを最適化すると、広告の掲載結果や合計費用について、次のような改善を期待できます。

直帰率の減少

ランディング ページを特定のユーザー層に合わせて最適化すると、他のサイトへ離脱したり、直帰したりする可能性が小さくなります。関連性の高いページではなく、通常のランディング ページへトラフィックを促すと、コンバージョンは減少し、広告費用も高くなりがちです。

広告の掲載順位の上昇

Google は、ユーザーがあるランディング ページについて、他と比べて関連性が高いと感じたタイミングを検知しています。広告のクリック率が高くなるほど広告の掲載順位が上がりやすく、結果としてより多くのトラフィックを獲得しやすくなります。

品質スコアの改善

ランディング ページの関連性は、Google 広告による品質スコアの算出に大きな影響を与えます。指定したキーワードに対するランディング ページの関連性を高めると、品質スコアが改善されます。品質スコアを改善して、広告の掲載順位を上げるとともに、クリック単価を減少させましょう。

リンクの増加と知名度の向上

ランディング ページで提供するコンテンツの関連性が高く、ユーザーの興味を引くものであるほど、ユーザーが他の人とコンテンツを共有する可能性が高まります。その結果、広告費用を支払うことなく、ウェブサイトへのトラフィックを増やすことができます。

Google が提供するデータと、この記事で紹介する Google 運用ガイドを活用して、ランディング ページの検証を始めましょう。

Google 広告の品質スコアについて

Google 広告が提供する品質スコアは、広告やキーワードの健全性を示す指標であり、広告の掲載順位を決める要因の 1 つとなります。

2. ランディング ページの最適化に関する運用ガイド

Google では、ユーザーに可能な限り最高の利便性を提供できるよう取り組んでいます。ユーザーが期待するランディング ページは、次のようなものです。

関連性が高い

ユーザーがクリックしたウェブページは、ユーザーが探している情報に当てはまる有益なものであることが必要です。そうでなければ、ユーザーはより関連性の高いページを求めてウェブサイトを離脱してしまいます。

透明性が高い

ランディング ページのデザインが悪く、製品やサービスの説明が不足していると、ブランドやウェブサイトが不誠実で信用できないかもしれないという印象をユーザーに与えることになります。

操作しやすい

ユーザーが必要な情報を見つけるために、何回もクリックしなければならない事態は避けましょう。ランディング ページはシンプルでわかりやすいものであることが必要です。これはモバイル デバイスでの利便性にも当てはまります。

信頼感がある

プラットフォームを問わず、一貫性があり、アクセスしやすいランディング ページが必要です。ページの読み込みに時間がかかるといった問題があると、ユーザーはページが表示されるのを待たずに離れてしまうケースも少なくありません。

ここからは、それぞれのポイントの細かい詳細を確認し、ランディング ページの改善に必要なことを説明していきます。

3. ランディング ページの関連性を高める

関連性の高いページにユーザーを誘導する

ユーザーを通常のトップページではなく、最適化したトップページに直接誘導しましょう。そうすれば、ユーザーは必要なコンテンツを探し回らずに済むようになります。また、ユーザーが必要な情報を見つける前にサイトから離脱するのを防げるほか、そのページがユーザーにとって最適であることを Google に知らせることにもなります。

キャンペーンと同様のキーワードをランディング ページで使用する

広告キャンペーンと同様のキーワードをランディング ページでも使用すれば、コンテンツの関連性が高まり、一貫した利便性のあるページをユーザーに表示できます。

ランディング ページの行動を促すフレーズを広告と揃える

行動を促すフレーズは、ユーザーにしてほしい行動を端的に表すものです。「購入する」「今すぐやる」「登録する」などは、非常にシンプルかつ効果的なフレーズです。ランディング ページで使用するフレーズは、広告と揃えるようにしましょう。

ページ内のあらゆる要素が最終目標の達成につながるようにする

たとえば、ウェブサイトで黒のドレスを販売することが目標である場合、ランディング ページで紳士靴やベビー服のページも閲覧するようユーザーに提案しないようにします。目標に専念し、ユーザーのエンゲージメントを維持してコンバージョンを促しましょう。

ランディング ページの価値提案を広告と揃える

これはウェブサイトの信頼性向上にもつながります。広告で商品の無料配送を宣伝している場合、ランディング ページでも無料配送を強調しましょう。

行動を促すフレーズと価値提案が目立つようにする

デザインの面では、ユーザーの注目を集めて行動を促進できるように、行動を促すフレーズ(CTA)や価値提案の周りに多少の余白を設定し、目立つようにしましょう。

独自の機能をアピールする

製品とその特長、そして競合他社より自社の製品を購入すべき理由がわかりやすくなるようにしましょう。他の製品やカテゴリのページから文面をコピーしてくるのは避けましょう。

ユーザー層に合わせた言葉遣いを選ぶ

ランディング ページの文面は、ユーザーの共感を呼ぶようなトーンであることが重要です。たとえば、ヨガ用のウェアやマットを販売している場合は、穏やかで優しいトーンを心がけるなどです。

広告グループを使用してターゲットを絞り込む

同じキャンペーン内の関連商品やサービスを 1 つの広告グループとしてまとめることで、特定の販売目標の達成につながります。

広告コンバージョンとは

広告コンバージョンは、広告主にとって価値のある行動をユーザーが広告をクリックまたは操作し、購入、メールマガジンの登録、通話、ダウンロードなどをした時に発生します。

4. ランディング ページの透明性を高める

提供しているサービスや商品、追加料金などあらゆる項目を正直に記載する

ランディング ページは、ビジネスに対するユーザーの第一印象を左右します。追加料金など、ユーザーの離脱を招く恐れのある項目も含め、情報をわかりやすく正直に提供して、誠実さと透明性の高さを印象付けることが重要です。

問い合わせ先がすぐに見つかるようにする

顧客に何か困ったことがあった場合、ビジネスへの問い合わせ先がわかるようにすることが重要です。こうすることで、顧客とのコミュニケーションやカスタマー サポートへの意欲を示すことができます。

文面は文法的な正確さを重視する

誤字脱字や不自然な言葉遣いがあると、ページの内容が虚偽であるような印象を与えてしまいます。ページの文面は自然な表現を心がけ、誤字脱字がないようにしましょう。

ユーザーの個人情報を求める場合は、その理由を明確にする

ユーザーをページに誘導する前に、追加の個人情報やメールアドレスをフォームに入力するよう求める場合は、その理由を明確にしましょう。通常の場合、ユーザーは個人情報を提供することをためらうものなので、個人情報が必要な理由を事前に説明し、信頼感を高めるようにします。

顧客の声やクチコミを目立つ場所に表示する

他のユーザーが自分の購入した商品やサービスに満足していることをアピールすれば、知名度の向上につながるので、顧客の声は必ず表示しましょう。クチコミが理想的な内容ではなくても、それだけを理由に改変したり削除したりしないようにしましょう。

他の選択肢も提供する

広告をクリックしたユーザーがすぐに購入する準備ができているとは限りません。追加の情報を提供できるよう、ページの下部に別の行動を促すフレーズを配置しましょう。ただし必ずしも詳しい情報を掲載する必要はありません。こうすることで、ユーザーが追加の情報を探すためにウェブサイトを離れることを防ぎつつ、信頼感を高めることができます。

ポップアップは使わない

広告をクリックしたユーザーは、ランディング ページがすぐに表示されることを期待しています。ポップアップを使って、早い段階でユーザーの情報を求めすぎてしまうと、煩わしく感じた見込み顧客の離脱を招く恐れがあります。

事実や宣伝文句が正しいことを確認し、誇張しないようにする

「当日限り送料無料」「オンラインで最大のスニーカーの品揃え」などの宣伝文句は、それが事実の場合にのみウェブサイトで使用するようにしましょう。つい大げさな表現をしてしまいがちですが、それを実現できなかった場合は、否定的なクチコミやそれ以上の損失につながる恐れがあります。

利用規約やプライバシー ステートメントへのリンクを表示する

こうすることで、メールの不正利用や虚偽の約束の恐れを防ぎ、ビジネス目標の透明性を高めることにつながります。問い合わせに備えてすぐにアクセスできるようにしておきましょう。

認定資格などブランドのイメージにつながるものは目立つように表示する

自社で特別な認定資格や賞を獲得していたり、著名な企業と提携したりしている場合は、それをランディング ページで明確に表示しましょう。こうすることで、ウェブサイトの信頼性を高め、購入や個人情報の提供に対するユーザーの不安を解消することができます。

シンプルですっきりしたデザインにする

レイアウトはシンプルに、分かりやすくしましょう。プロのような優れたデザインにすれば、ビジネスが合法で、自社の成功のために投資していることをアピールできます。

5. ランディング ページの操作性を高める

ランディング ページを操作しやすくする

ランディング ページに関する運用ガイドの中でも一番のルールは、ユーザーが必要としているものを提供することです。ユーザーが情報を探しやすくなるように心がけましょう。

リストや箇条書きを使用する

リストや箇条書きを使用すると、関連性の高い情報を目立たせ、見込み顧客のコンバージョンを促すことができます。特に、モバイル用のランディング ページの場合、箇条書きにすると内容がわかりやすくなります。

要点を簡単に説明する

長く入り組んだ前置きをやめて、はっきりとした要点を説明し、ユーザーが探している情報をすぐに提供するようにしましょう。

ボタンのサイズを大きくする

行動を促すフレーズを目立つようにすると、ユーザーに取ってほしい行動が伝わりやすくなります。しかし、その行動をどのように取れるかは伝わっていますでしょうか。ボタンのサイズを大きくすれば、ユーザーの目を引き、行動を取ることに誘導することができます。

ページやコンテンツを簡単に共有できるようにする

ランディング ページでは、ソーシャル メディア用のボタンをトップに表示させ、画像や動画も簡単に共有できるようにしておきましょう。

ウェブサイトのテスト用ツール

Google の Test My Site を使えば、ウェブサイトのテストがわずか数秒で完了します。モバイル デバイスでの表示速度を確認し、ウェブサイトのパフォーマンス改善につながるアドバイスを得ることができます。

詳細

6. ランディング ページの信頼性を高める

ランディング ページの読み込みをできるだけ速くする

ページの読み込み時間は、ユーザーの利便性の質を大きく左右する要因となります。ページの読み込みにかかる時間が長すぎると、ユーザーが不満を感じてページを離れやすくなります。このような場合、Google はそのページが最適な状態でないことを検知します。ページの読み込み速度に関するインサイトを活用して、ページが最適な状態にあるかどうかを確認しましょう。

利便性を一貫させる

ユーザーは、タブレット、PC、モバイルなど閲覧するデバイスを問わず、ランディング ページで常に同じブランドの利便性が提供されることを期待しています。モバイル広告のランディング ページにモバイル用の利便性を考慮し、画面のサイズに合わせてページが自動調整されるレスポンシブ デザインをウェブサイトで採用するようにしましょう。

Flash や JavaScript の使いすぎは避ける

Flash を使った広告やポップアップなどの機能を使用すると、Google のクローラがページを認識できなくなり、Google 広告システムがページのコンテンツに関連性がないと判断する場合があります。また、ページの読み込み速度の低下にもつながります。

ランディング ページとブランドの整合性を維持する

ユーザーはシームレスな利便性を期待しています。ブランドの基準と矛盾するランディング ページを表示すると、ビジネスの信頼性が低いという印象を与えます。

使用する画像はすべて最適化する

ページの読み込みが遅くなる理由は画像にもよくあります。ランディング ページの画像は、関連性の高いものであると同時に、サイズが大きすぎてページの読み込みに影響が出ることがないようにしましょう。

ユーザーを歓迎し、後押しする自然な文面を使用する

ランディング ページは、いわば直接対面する営業の担当者のようなものです。ユーザーを歓迎し、製品やサービスの購入を後押ししている印象を与えるようにしましょう。

まとめ

ウェブサイト内のあらゆるページを、ランディング ページとして使用することができます。ランディング ページの最適化は、広告キャンペーンのランディング ページを中心としつつ、ウェブサイトの主要なページを対象に含めるようにしましょう。直帰率を継続的に確認して最小化し、品質スコアを改善すれば、コンバージョンの増加につながります。

まずは Google アナリティクスでウェブサイトのパフォーマンスの測定から始めましょう

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時