戻る

ユーザーの検索内容を把握する

重要なポイント

Google 広告のキャンペーンで成果を上げるには、ユーザーがオンラインで何を検索しているか把握することが極めて重要です。効果的なキャンペーン戦略を策定し、関連性の高い広告を作成するうえでは特に重要となります。

ユーザーの検索内容を把握する方法やその後のステップについては、以降の説明をご覧ください。

1.ユーザーの検索内容を把握するには

2.キャンペーンでキーワード調査が欠かせない理由

3.キャンペーンに適したキーワードを選択するには

4. ユーザーの検索内容を把握できた後の対応

Google 広告とは

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供する広告サービスです。広告主様は、Google の検索結果や広告掲載ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

キーワード調査は、Google 広告で効果的な検索キャンペーンを作成するうえで欠かせません。この調査を実施すれば、ユーザーが検索しているキーワードの頻度やキーワードごとの費用などを事前に把握できます(推定費用は競合他社の相場も確認できます)。

1. ユーザーの検索内容を把握するには

ユーザーがオンライン検索で使っているキーワードはいくつかの方法で確認できますが、Google キーワード プランナーや Google トレンドなど無料ツールも利用できます。

  • キーワード プランナー: Google 広告のキーワード プランナーを使うと、オンラインでの顧客の行動に関する極めて重要な情報を取得できます。このツールでは、ユーザーがオンライン検索で使っているキーワードと、特定のキーワードで検索が行われている月間件数(キーワードの検索ボリューム)を把握できます。このデータを利用すると、見込み顧客に関連性の高い広告が表示されるようにキャンペーンを調整でき、適切なキーワードを選んで見込み顧客を見つけることもできます(地域別の検索ができます)。キーワード プランナーの情報を総合的なオンライン マーケティング戦略に組み込み、入札する特定のキーワードで、検索エンジンの上部に広告が掲載される可能性を高めることもできます。

キーワード プランナーの機能をより深く理解し、新しいキャンペーンで詳しいキーワード調査を実施するには、Google キーワード プランナーの利用ガイドをご覧ください。

  • Google トレンドGoogle トレンドでは、特定のトピックや語句に関する検索の一定期間における傾向を、地域別や言語別に把握できます。このトレンドデータは、確認したいデータの量やタイプに応じて、過去 7 日間(リアルタイムの検索)かそれ以上の期間(「2010 年から現在まで」など)で絞り込むことができます。

キーワード プランナーとは

キーワード プランナーは広告主様がキーワードの検索に利用できる Google 広告の無料ツールであり、キーワードで見込まれる成果も確認できます。

2. キャンペーンでキーワード調査が欠かせない理由

キーワード調査は、Google 広告で効果的な検索キャンペーンを作成するうえで欠かせない作業です。この調査を実施すれば、ユーザーが使っているキーワードや、使われている頻度、そのキーワードで発生が見込まれる費用を把握できます(推定費用は競合他社の相場も確認できます)。

ツールや調査は次のことに役立ちます。

  • ウェブサイトへのアクセスにつながっている検索語句やキーワードを特定する。
  • 関連するコンテンツの充実を図り、見込み顧客が行うさまざまな検索に対応する。
  • コンテンツの強化により、ウェブサイトへのアクセスを促進できそうな分野を特定する。
  • 予算内で獲得を見込めるキーワード単位のクリック数に基づいて費用対効果を判断する。
  • ROI の向上を見込めるキーワードのパターンを見つける。キーワード プランナーでは、関連する検索語句やこれまで考えもしなかった代替候補が提示される。

Google トレンドとは

Google トレンドは、世界でどのような検索が行われているか確認できるツールです。調査する場合は、「調べる」バーにキーワードやトピックを入力します。リアルタイムや日別の検索トレンドも確認できます。

3. キャンペーンに適したキーワードを選択するには

キーワード調査を効果的に実施し、キャンペーンに適したキーワードを選択するには、さまざまな要素を検討する必要があります。Google キーワード プランナーと Google トレンドを併用すると、ユーザーの検索意図をよく理解し、費用対効果を最大化できるキーワードを見つけることができます。キャンペーンの検討段階で Google 広告のこうしたツールを利用すると、関連性の高いキャンペーンを作成できるため、検索結果の最初のページに広告を表示できる可能性が高くなります。

キーワード プランナーで適切なキーワードを見つけるには、次の点を重視ましょう。

  • ブランド キーワード – ブランド名が含まれているキーワード
  • 一般的なキーワード – 提供する商品やサービスに関連する一般的なキーワード
  • 関連キーワード – 提供する商品やサービスに間接的に関連するキーワード

これらを重視してキーワードを選択すると、適切な場所、適切なタイミングで見込み顧客にリーチする効果的なオンライン広告を作成できます。

4. ユーザーの検索内容を把握できた後の対応

キーワード調査のリストを定義したら、次はその内容をキャンペーンの戦略に組み込み、売り上げやコンバージョンにつながる訴求力の高い広告を作成します。

Google 広告を作成する際には、ユーザーの検索意図やニーズを考慮に入れてキャンペーンの効果を高めるとともに、関連性の高いキーワードを設定してユーザーにリーチできるようにしてください。オンライン広告と見込み顧客の関連性を高めると広告のリーチが最大化され、効果的なメッセージを作成すると検索結果ページで広告に注目が集まり、競合他社を上回る成果を上げることができます。

まとめ

厳選されたキーワードは Google 広告のキャンペーンの基盤であり、広告主様のビジネスに関心を示している顧客には、適切な段階で広告主様を見つけてもらえるように手を差し伸べる必要があります。新しいキャンペーンを設定する場合でも、既存のキャンペーンを最適化する場合でも、キーワード プランナーを使ったキーワード調査でユーザーがどのような検索を行っているか把握しなければ、こうした要件に対応できません。

Google 広告の新しいキャンペーンで使用するキーワードを見つけましょう。 Google 広告を使ってみる

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時