戻る

ビジネスのブランドを確立し、オンラインでより多くの見込み顧客を獲得する

重要なポイント

現在、オンラインでの宣伝活動はかつてないほど難しくなっています。商品購入を検討している見込み顧客には多くの選択肢が提示され、ビジネス オーナーはわずか数秒でユーザーの関心を引かなければなりません。しかし、デザインや目的をしっかり検討して効果的にアピールすれば、見つけてもらえる可能性が高くなります。では、どうすれば強力なブランドを構築できるのでしょうか。

1. マーケティングとブランディングの違い

2. 強力なブランドを構築する

3. ブランドを活かして成果を高める方法

Google 広告とは

Google 広告(旧 Google AdWords)は Google が提供する広告サービスです。広告主様は、 Google の検索結果や広告掲載ネットワークに広告を掲載することができます。

Google 広告を使ってみる

企業の特徴、事業内容、提供される利便性が瞬時に伝わらなければ、見込み顧客はすぐに離れてしまいます。

1. マーケティングとブランディングの違い

ブランドとは、見込み顧客にビジネスの独自性を伝える名前、デザイン、または商標のことです。ビジネスの個性と捉えることもできます。

マーケティングとは、メールやチラシ、オンライン広告などのアセットを使って見込み顧客にリーチし、関心を持たせることですが、ブランディングとよく勘違いされます。マーケティングで利用するメールを作成したり広告をデザインしたりする際には、伝える内容や伝え方を事前に決めなければなりません。このプロセスがブランディングです。マーケティングの準備段階であり、使用するロゴや文体、フォント、色などを確定します。

オフラインのブランディングは必要不可欠ですが、オンラインのブランディングに投資することも同じように重要です。人間の注意持続時間は短いため、多くの見込み顧客は求めているものが数秒で見つからなければ、他のページへ移動してしまいます。企業の特徴、事業内容、提供される利便性が瞬時に伝わらなければ、見込み顧客はすぐに離れてしまうということです。

顧客はブランドに接し、関心を強めて、そのブランドを探すようになり、そうした段階を踏んで将来的に商品を購入する可能性が高まっていきます。ビジネスの観点から見ると、ブランドは徐々に価値が高まっていくものであり、ブランド力の強い企業の方が競合他社より成功する傾向があります。ブランディングが重要となるのは、こうした理由からです。

企業のブランディングとは

ブランドとは、見込み顧客にビジネスの独自性を伝える名前、デザイン、または商標のことです。企業の個性やアイデンティティと捉えることもできます。

2. 強力なブランドを構築する

ロゴ、タグライン、カラーパターンだけではブランドを構築できず、独自の視点も必要です。まずは何を表現するのか決めなければ、どのように構成しどのようにアピールすればよいのかわかりません。たとえば小売業者なら、ブランドの独自性について検討することから始めるとよいでしょう。競合他社より質の高い商品、優れたサービス、安い価格が売りなのでしょうか。世界や市場にどのような変化をもたらしたいと思っているのでしょうか。

ビジネス オーナーが自社のブランドを検討する際には、形容表現を一つずつ書いたメモを 50~100 枚並べて置いて、検討するのが効果的です。それらのメモを、ブランドの特徴を表しているものとそうでないものに分けます。ブランドの特徴を表しているメモのグループの中に、共通のテーマがあるか検討してください。テーマがある場合は、そのグループの形容表現がブランドを正しく表しています。 何を表現すればよいのか確認できたら、ロゴやカラーパターンなどのブランディング アセットを決めることができます。たとえばフレンドリーで頼りになるブランドの場合は、その内容に基づいて親しみやすいカラーパターンを選択できます。

ブランドを構築する際には、シンプルであることが重要です。消費者には多くの選択肢が提示され、一つひとつのメッセージに深く接することはできないので、簡単な言葉、少ない色や画像でアピールできた方がブランドとして効果的です。

3. ブランドを活かして成果を高める方法

ブランド アイデンティティを明確にしたら、次のような戦略でブランドを最大限に活用できます。

一貫性を保つ

ブランドで重要なのは、一貫性を保ち、他社とは異なる存在として顧客に認識してもらうことです。たとえば、実店舗の看板と e コマースサイトで異なる書体が使われている場合は、ブランドの効果が薄れてしまいます。見込み顧客が混乱してしまうかもしれません。ビジネスとブランドの関連性に疑問を持てば、体験した優れた利便性が提供されるのかわからなくなり、購入をためらってしまうでしょう。

消費者にブランドをアピールする

消費者にはブランドを可能な限りアピールします。ラジオ、テレビ、掲示板の広告に適用される原則は、オンラインにも当てはまります。目にする機会を増やさないと、消費者は気付いてくれません。ブランディングを徹底している企業は、気付いてもらえる可能性が高くなります。ソーシャル メディアの投稿やオンライン広告を通じて消費者と接する機会が増えれば、それだけ認知が得られる機会が多くなります。

本当の価値を提供する

価値を消費者に提供することにフォーカスし、ブランドを構築します。真剣に消費者の支援に取り組んでいるブランドであれば、消費者とより良い関係を築くことができます。たとえば、一部の企業はニュースやお役立ち情報、分析情報などをブログで公開することで、ブランドに対する消費者の印象を良くしています。このようにして価値を提供された消費者は好印象を友人に伝えたり、商品を購入したり、ブランドのファンとなって企業の成長を支えたりします。

まとめ

オンラインでの競争が激化する中、強力なブランドを確立することがかつてないほど重要になっています。来店や売り上げにつながるよう見込み顧客に好印象を与えるには、何を伝えるか、どのように表現するかを明確にする必要があります。ブランディングに専門知識は必要ありません。消費者の認知を得るために、すぐにでもブランドの構築を始めることをおすすめします。

まとめ

Google 広告は、予算規模の大小を問わず、ビジネス目標達成に向けた有効な一手となり得ます。広告費用の使い道に注意(し)、ここでご紹介したポイントに沿って計画的に運用を進めましょう。テストと調整を(し続け)、オンライン マーケティングの投資対効果を最大限に高めることができます。

ブランド エンゲージメントの構築について詳しくは、こちらのガイドをご覧ください。

Google 広告でブランド認知度を高める

共有しよう

Google 広告を使ってみる

  • 1. アカウントを登録
  • 2. 予算を設定
  • 3. 広告を作成
0120-752-655*

*1 日あたりのご予算が 1,000 円以上のお客様に電話サポートを提供しております. 平日(土日祝日除く)9時~18時